特徴

私たちはみなさんが安心して「自分(の生き方)」とじっくり向き合えて、育んでいけるような「場づくり」を大切にしています。

ココでは、私たちが大切にしている考え方や学びの場づくりについて詳しく紹介させてください。
 
 

 
①「分かち合う」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
学びは、ひとりで完結するものではないと私たちは考えています。
もちろん自分自身と向き合う中で出会える発見はありますが、自分以外の人と対話をするなかで初めて気づける「自分」や「相手」もいます。
Compaseaの授業でもただ一方的に教わるスタイルは採用していません。それよりも、『参加者同士がお互いに感じたことやアイデアを分かち合うこと』で、同じ学びをする仲間からも気づきが生まれます。
そうやって色々な角度から「自分」と向き合うことができます。
 
 
②「ちがいを楽しむ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人と分かち合うなかで、必ず「ちがい」というものに出会います。
ときに、そのちがいに対してイラっとしたり、ザワザワしたりするかもしれません。そこで「あれ?何で今私はイラっとしたんだろう?」と一度立ち止まってみると、自分の大切にしたい気持ちに気づけたり、選択肢が広がって初めて見えてくるものがあります。
ちがいは摩擦ではなく、『自分が大切にしたいことに気づけるチャンス』と私たちは捉えています。
そうやって人とのちがいを楽しみながら、人と共に学び、共に育み合うことを大切にしています。
 
 
③「思い出す」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「自分に合った心のコンパス」は見つけるものではなく、『思い出す』ものだと考えています。
何も知らなかった子ども時代と比べると、私たち大人は色んな経験や知恵を身につけてきました。その中には「当時は必要だと思っていたけど、今はもう必要なくなっていた」なんていうこともありますし、それがいつしか荷物になっていた!なんてこともあります。
Compaseaの授業でも、何かを増やすという視点ではなく。今あるものを見つめ直しながら、まるで1枚1枚玉ねぎの皮を剥くように「必要ないものを手放す」という視点を大切にしています。
すると、あなたが本当に大事なものは、自然と思い出しているはずです。
 
 


①「安心安全の場×冒険の場」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分の素(本当に感じていること)を出せることで、初めて気づける「自分」がいます。
そのため、「ジャッジされない安心安全な場」をとても大切にしています。ただその一方で、自分の未知なることに1歩踏み出すことで初めて知ることのできる「自分」もいます。
この2つの「体験」が、自分のコンパスを思い出す+日常で活かしていく上でとても大切だと考えています。どちらかに偏ることなく、『どちらも』を大切にした場づくりをしています。
 
 
②「日常×非日常」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちの授業は、「自然」と「都会」といった2つの側面をもった場所で行なっています。
日常の延長線上の場所のなかで学ぶからこそ、より日常に落とし込むことができますし。反対に、日常から離れて非日常の場所のなかで学ぶことで、本来忘れていた感覚や大切にしたいことを思い出すことができると考えているからです。
その2つの場所を行き来することで、初めて気づけることがあります。
 
 
③「知る×体験する」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちは、学ぶ環境を用意していますが、それはあくまで通過点です。
「その人の日常生活へ繋げて活かしていくこと」をゴールにしています。
「活かす(実践する)」ためには知るだけでは不十分で、『体験』が伴って初めて自分へ腑に落とすことができ、自分の意思で使いこなせるようになっていきます。
なので私たちの学びも「知る」という側面だけではなく、「体験する」の双方から学べる仕掛けを、遊び心をもって授業に織り交ぜています。
 
 

私たちは学びの内容だけではなく、その授業の目的に合わせて『学ぶ環境』を選ぶこともとても大切にしています。
目的によっては葉山の校舎だけではなく、『都内にあるスペース』で行うこともあれば、『海や森といった大自然のなか』で行うこともあります。


学ぶ環境を変える理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『場所によって、生まれる”気持ち”や”アイデア”が変わってくるから』です♪

例えば、都内のスペースでは、普段いる日常に近いからこそより具体的なアクションや道のりのような『アタマ(思考)』を使いたいときにはとても適しています!
一方で、葉山の校舎や大自然のなかでは、普段いる日常から離れることで、より自分の気持ちや感覚にじっくりと丁寧に浸ることができ『ココロ(五感)』を使いたいときにはとても適しています!

このように「何をするか」「誰と学ぶか」と同じくらい、実は『どこでやるか』という要素も、「学びを深める」うえで密接な関係があると考えています。
ぜひ、『学ぶ環境』によってどんな気持ちの変化が生まれるかも味わいながら、学びを楽しんでいただけたらと思っています♪